2012年02月04日

ドライヤーと自然乾燥どっちが痛む?





ドライヤーは、熱のダメージがあります。


自然乾燥は、摩擦のダメージがあります。




ドライヤーは、水分が少なくなりますが、


自然乾燥は、水分が多めに残ります。





髪は濡れた状態だと、キューティクルが全開で無防備なので
摩擦にかなり弱い状態です。


濡れた状態での摩擦はかなりのダメージになりますが・・・



摩擦をゼロにできるなら自然乾燥のほうが実は痛まないんです。


しかし、濡れたままターバンやシュシュなどを乾くまでしてたら、
クセがついてしまいますね。



パーマがかかってる場合やクセ毛の方などは、クリップなどでとめて
乾いていい感じになる場所を探せればかなりいいですね。



痛みにくくするドライヤー


@まずは、こすらずにしっかりとタオルドライをします。


Aできるだけ風量の強いドライヤーを使う。


Bまずは頭皮から乾かします。しっかり根元を起こしながら。


B八割乾いたら毛先は冷風で乾かす。
(けっこうたいへんです。)



乾きにくいですけど、夏は扇風機で乾かすと痛まないですね。




風量が強い業務用ドライヤー。お手頃価格でかなりおすすめです。
僕も使ってます。












×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。